母親はすぐに毒を盛る

#親を乗り越えて自立するぞシリーズ 第一弾!

『母親はすぐに毒を盛る』

 

父親の悪口を子供に吹き込む母親。

子供は素直なので受け取ってしまうんだ。

父親へのイメージは母親の悪口によって

偽装され、タバコへのイメージも最悪なものになる。

こんな例がある。

父親はタバコを吸うろくでなしな男だと

母親から耳にタコくらい聞かされ続けたCさんは

父親はクソ野郎、父親が吸っていたタバコもクソだ。

というイメージが心の奥底に定着した。

大人になり、タバコを吸う友達やタバコ自体を見ると・・・、

なんと、吐き気や頭痛が発生するようになったのだ。

(ここでは、タバコが健康に良くないとか

そういう話をするつもりはない)

母親から聞かされ続けた言葉によって

自分の感覚を矯正されてしまった彼女は

父親と話すことで、

父親へのイメージを少しずつではあるが

覆しつつある。

「お母さんから聞いていたような人ではないのかもしれない・・・」

と思える入り口に立っている。

 

親の、毒ある呪い言葉はジワジワとあなたを蝕む(むしばむ)。

良い言葉であれば大人になるにつれて、

前向きなパワーになって自分自身を応援してくれる。

悪い言葉(ここでは毒呪い言葉という)であれば

大人になるにつれ、あなたが忘れたころに

なんだかわからない不安とモヤモヤを発生させるのだ。

おっと・・・、心配しないでほしい。

おどろおどろしい話しだなぁ・・・、と嫌な気持ちに

させてしまったかもしれないが、

毒呪い言葉により受けてしまったあなたの毒毒モードは

「あれ?これ毒やないかーい!」と気づいたときから

癒やすことができるのだ。

 

親は乗り越えるためにいる存在だ。

乗り越えられた時、本当の自立を感じられるだろう。

そして、愛せるように、感謝できるようになるのかもしれない。

 

人は、親を乗り越えて「精神的な心の自立」ができたときに

持っている才能を発揮できるようになる。

自立から得られた人間力と才能は、

仕事でも大いに使えるようになるだろう。

 

あなたが親を乗り越えて自立をするための

ヒントを仕事アートディレクターの

トモミルキーがお届けしていきます。