オフィシャルニュースレター(サンプル・バックナンバー)

創刊号 vol.001 2017.0728(サンプル・バックナンバー)

 

トモミルキーが、ブログには載せないこと、見えない世界のこと、星読みの話しを、縁側でゆっくりとお茶を飲んでお団子をもぐもぐしながら、おしゃべりするような気持ちで、ゆるりとあなたにお届けします。

 

<もくじ>
1. 足湯場トモミルキー♨
2. 拝啓 じぶん。
3. HELLO! 見えない世界
4. 今週の星読み☆
5. ★お知らせ

 


1. 足湯場トモミルキー♨

トモミルキーが感じていることや、
読者の皆さまからのお便りをもとに
まるで、足湯にちゃぽんと浸かっている温度で、
ゆるりとおしゃべりをしていきます。

 

みなさん、こんにちは! もう、すっかり夏ですね。
わたしは、じぶん解放カウンセラーとして、 複雑恋愛コンサルタントの蓮水さんといっしょに、先週の日曜日から、じぶん解放カウンセリングと複雑恋愛コンサルセッションを本格的に始めました。

2人のセッションは、先行予約でお申し込みをいただいていまして、1ヶ月まるまる使った集中セッション「スイートルームコース(1ヶ月5名さま限定)」は、ご予約が全て埋まりました。(2人とも予想をしていなかったぶん、喜びはひとしおです。ありがとうございます!)

いま現在は、8月23日以降のご予約を受け付けています。キャンセルが出た場合は、 The Basement Hotel のブログでお知らせしますね。「デラックスルームコース(1日セッション)」と「フリールームコース(無料相談室)」は、引きつづき受け付け中です。 じぶんを変えたい方(The Basement Hotel・変化の部屋)、 じぶんに合った恋愛をしていきたい方(The Basement Hotel・聖域の部屋)、それぞれのお部屋で、ゲストのみなさまをお待ちしています。

どうして、じぶんを変えたい人をお手伝いしたいのか……。

……。

(目をつむり、ミニミルキーに聞いている……)

わたしが変わりたいからだ。変わり続けたいから!

じぶんに変化があるときは『目の前にいる人にも変化があるという体験』をしてきたんですよね。逆に、じぶんが変化を拒んでいるときは『目の前にいる人から不快な体験のギフト』をもらっています。「おーい、変わり目だよー、気付いてよー」と不快な形で変化への波が押し寄せてきます。それでもまだ、波に乗らずに波打ち際をウロウロしていると……、ざっぶーん! 波に飲み込まれてしまいます。(ブクブクブク……波に埋もれる)

じぶんが変わりたいから、じぶんを変えたい人をお手伝いする、すこし、じぶん勝手な理由かもしれませんが、わたしが人と会って、お話を聞いて、体感して作られた強い理由です。人を変えるためには、影響を与えるためには、じぶんが変わるしかないです。

わたしが変われば、目の前の人が変わる、目の前の人が変われば、わたしが変わる。人は人によって、変化できるんですね。
すごいことだよ!と大声で伝えたいです。(爆)
今日、会った人から、どんな変化の波をもらったの? 波に乗ってみてどうだった? と聞きたいくらいです。

じぶん解放カウンセリングでは、じぶんの海にある変化の波をつかまえて、じぶんで波乗りをしてもらいます。サーファーになったじぶんを想像してみてください。わたしは、波乗りしているあなたの隣で、浮き輪でプカプカ浮きながら、サポート(伴走)してお手伝いします。「なんで、浮き輪なの? むしろ引っ張ってよ」と思う方もいるかもしれませんが、主役はわたしではないんですね。カウンセリングセッションを受ける、あなたです。あなたの海にわたしが「ぽちゃぽちゃ……、お邪魔します」と入っていきます。(わたしの海では、わたしが主役です)

主人公はじぶんだということを忘れないために、わたし自身の気づきをお話させていただきますね。

引き寄せの会、○○ヒーリング、○○セラピー、○○活性化ワークショップ、とんでもない金額の○○占い、超能力を身につけるワークショップ、夢は叶う!講演会、宇宙と繋がる○○セッション、ビジネス成功法、自己啓発、言霊、アファメーション、まだまだいくらでも出てきますが、様々なセミナーやワークショップに足を運び、使ったお金は……、中古の外車が買えるくらい!(海外旅行にも何回も行けます) じぶんを変えたくて、変わりたくて、あらゆる方法を試したんですね。

どの方法も、わたしを変えてはくれませんでした。そして、実生活では幸せになるどころか、苦しさが増していきました。わたしの努力が足りないせいなのか……? ポジティブな気持ちでいなかった瞬間が多かったから、上手くいかなかったのか……?

わたしは、じぶんを変えようとして頑張り続けて、いよいよ疲れてしまいました。気力が失われたので、変化するために何かを頑張ることを、全てやめてしまったのです。やめたあとに残ったのは、教えてもらったことを書き記してある、膨大な冊数のノートのみ。変化をもとめた活動初期のノートをぺらぺらとめくりながら、「先生の教えてくれたことをしっかり書いてる。それ以外の情報はないな……」と感じました。

さらに続けて、気力がなくなってきていた、活動終わりの時期のノートをめくりながら思ったことは、「あれ? 教えてもらったことよりも、先生の考えに対する、じぶんの考えのほうがたくさん書かれている……」。これは、大発見でした。半分、愚痴も書いてありましたね。(こんなの続けて、変化できんのか! とかヤケクソな気持ちを書いていました)

わたしにとっては、このじぶんの考えを書いているノートのほうが、しっくり、腹に落ちました。スーッと、心に響いてきたんです。そのとき、気づいたんです。先生のストーリーを聞いて、感じて、考えることはできても、真似なんかできないんだ、先生のストーリーの主人公は先生だ、わたしのストーリーの主人公はわたしだと、ハッと気づいたんです。

じぶんの人生の主人公はじぶん、当たり前ですが、気づく前までは他人の人生に、じぶんが入り込んで、住まわせてもらっていたんだと自覚があります。他人に合わせるのは、楽ですよね。流されていればいいだけなので、安心安全で、居心地はいいです。いいはずなんです。そのまま、ずうっと合わせていられれば問題ないのですが、「変わりたい……。このままじゃ嫌だ!」という気持ちが湧いてくる瞬間が出てきます。変わりたくない、と思っても、何度でもお知らせがくるんですよね。

変化へのお誘いがきたときに、他人のストーリーから放り出されて、じぶんのストーリーを歩まなくてはいけなくなる。じぶんは主人公だと自覚をします。幸せになるために、歩み始めるんです。

わたしは、じぶん解放カウンセリングを通して、あなたのストーリーを作るお手伝いをします。主人公になる変化への一歩を後押ししていきますね。今から、数々のストーリーと出逢えることが、楽しみで仕方ありません。

あなたの、じぶんストーリーを聞かせてくださいね。

 


2. 拝啓 じぶん。

誰かに伝えたいから撮るのか?
そんなことを考える前に、
今日もまたシャッターを切ってしまう。
記憶の破片を写真と言葉にしてご紹介します。
 
 

 
目の前にいる、ボーダー男子2人の「すごい、美味しいね」「美味いよな」の会話を聞きながら、ちょっぴり苦味のきいた抹茶ソフトクリームを食べる。

前回、このソフトクリーム食べたときは、失恋をしたときだった。友達が元気づけに連れて行ってくれた場所で食べたんだ。

「そいつは、ダメな男だったんだよ。そのうちすぐ、素敵な人が見つかるから、ほら、甘いものでも食べて」と言われながら、口にクリームを放り込むたびに、甘みは感じなくて、渋いお茶の香りと苦さが舌の上を転がっていった。

「ちっとも甘くないんだよ。あの男も甘くなかった。わたしは忘れないよ!あんたも、わたしを忘れないでよ……」と、悲しい気持ちと何がなんだかわからない、黒いカタマリのようなものが、ギュウッと胸を締め付けた。

気持ちはぐちゃぐちゃでしたけど、渋みや苦味がこころを整えてくれました。

「おいしいね。あまい」

今は、甘さを感じられている。あいつのことも、許せたんだという、しるし。

ごちそうさまでした。

 


3. HELLO! 見えない世界

見えない世界はすぐそばにある。
毎日の暮らしの中でスピリチュアルに思うことを
トモミルキーがつらつらと書いていきます。

 
1日の中で、何度も同じサインをみることがあります。わたしは、シンクロと呼んでいるのですが、「この方向で合っているよ!いいね!いいね!」と後押ししてくれているサインだと感じています。この間は、マグロ祭りでした。食事の時間にマグロを食べる、テレビでマグロの話題を見る、マグロ丼を売っているお店の前を通る、友達と会う場所がお寿司屋さんに決まる、といったように、サインが押し寄せてきたんです。

仕事でいくつかの迷いがあったのですが、シンクロの応援とじぶんを信じるパワーが湧いてきて、結果的に乗り越えられました。迷いの恐ろしさよりも、じぶんを信じるパワーの方が勝ったんです。

「マグロの話し、シンクロというよりも、ただの食いしん坊じゃないの?」 と思われるかもしれませんが、不思議にも感じませんか? 全て、たまたま起きた出来事なのでしょうか? 「偶然なんてない」と、どっかから借りてきたような言葉で伝えようとは思いませんが、見えない世界さん(勝手に擬人化しました)は、見えないなりに、見える世界へ主張をしているんです。見えない世界と仲良くしているトモミルキーとしては、この星読みレターを通して感じてほしいんです。見えない世界はすぐそばにあるんだよ、見えない世界はあなたを応援してくれているんだよ、ということをですね。

見えないから怖い、恐ろしいという気持ちになるかもしれませんが、見えない世界を意識し始めると、見える世界で起きたことを、じぶんへの後押しサインとして受け取れるようになります。大げさに言うと、「1日なんにもない日でした」なんてこともなくなるんです。ボーッとしてても、見えない世界が、ポンポンと肩を叩いて話しかけてきてくれるようになるからです。

何回も、同じようなイメージを受け取ったり、サインを見るとき、ただの偶然だと流すのではなく、見えない世界からの「GOGO!レッツゴー!じぶん上手くいってるよー!」の声援として、使ってみてくださいね。

見えない世界からの応援!GOGO!シンクロ!

 


4. トモミルキーのキドアイラク星読み☆

星読み家のトモミルキーが
星たちからの言葉をお届けします。
言葉は、じぶんを愉しませる道具として使うと、
力となって、じぶんの中で脈打ち、
心、意識、身体へきらきらと流れ始めます。
 
7月30日(日)〜8月5日(土)までの星読み
 

牡羊座

3月21日〜4月19日生まれ

過去からのノイズ
「いつも頑張ってくれてありがとう」
「あなたらしくいてくれたらいいの」
「いつも期待に応えてくれるわよね?」

星からの言葉
あなたはいつも、そういう誰かの声に必死に応えてきました。もうじゅうぶんです。「ぜんぶ、裏切ってやる」と、宣言してください。周りからのブーイングでさえ、勇気に変わります。真剣になるために、いい人の仮面をぶん投げて捨て去りましょう。

☆不真面目さ全開!
雄叫びをあげて、ジャンプしろ。体内から感じるドキドキするような興奮をバネに、馬鹿でけっこう、動き回っていこう!
 
 

牡牛座

4月20日〜5月20日生まれ

過去からのノイズ

「こっちの料理のほうが美味しいわよ」
「あら、そっちを選ぶのね、後悔しても知らないわよ」
「結局、どっちも食べたいんじゃないの?」

星からの言葉
選ぶとか選ばないとか、選択するのが大切ではないのを、あなたはすでにわかっていますよね。どうして迷っているのか、それぞれの料理を前にして、じぶんが考えていることを話してみてください。選ぶのではなく、全てをまあるい視点でみるのがポイントです。

☆血管ブチ切れるほどの葛藤!
細部に神は宿る。眉間にしわを寄せながらでも、分析に命をかけて、調べて、調べて、情報を集めまくる。
 
 

双子座

5月21日〜6月20日生まれ

過去からのノイズ
「これからもピアノとともにいるのよ」
「ピアノを弾きなさい、どうして歌おうとなんかするのよ」
「ピアノがないと、あなたじゃなくなるのにね」

星からの言葉
これでなきゃいけない、そんな古めかしい決めつけは重要ではありません。ピアノからもらった経験や知識は、ピアノでしか発揮できないわけがない。あなたが向かう場所のあちこちで、使えるのです。拠点はじぶん自身。場所や道具が変わっても、何度でも生まれ変われます。

☆立ち向かわなければならない怯える状況!
泣いちゃだめ、ううん、泣いてもいい!何が恐い?これが恐いんだ!と怯えている原因を形にしていく。
 
 

蟹座

6月21日〜7月22日生まれ

過去からのノイズ
「この絵はどういう意味なの?」
「芸術は爆発だなんていうけど、理解できないわ」
「誰にも相手にされないアーティストぶって終わるのよ」

星からの言葉
アーティストな表現方法を選んで、突き進んでいいのです。正論やストレートな物言いでは、あなたの影響力は半減してしまいます。謎を残して、全てを見せない。ミステリアスな語りで伝えていけば、周りの人達に、新鮮で心震える体験をしてもらえるのです。

☆脅威から身を守ろうとする防衛心!
全てをさらけ出さなくてもいいじゃないか。心開けるたったひとりに向けて、打ち明けていけばいい。
 
 

獅子座

7月23日〜8月22日生まれ

過去からのノイズ
「さあ、シンデレラ、お城からお戻り下さい」
「よく見て下さい。ドレスもガラスの靴もまやかしですのよ」
「いつから、シンデレラを演じていたのかしら?」

星からの言葉
おかえりなさい、シンデレラではなくて、あなた。よくぞ、リアルに舞い戻ってこられました。美しいドレスもきらびやかなドレスも、あなたのものではありませんでした。じぶんを彩る望みをいま、再建築していくのです。これはいらない、と封をしていた手紙を引っ張りだせたら、出発できるでしょう。

☆いきすぎたプライドのうぬぼれ屋さん!
自分自身の才能や見た目は、自分で褒めてあげればいい。誰かのために美しくなるよりも、すべては自分のために、輝きを磨こう。
 
 

乙女座

8月23日〜9月22日生まれ

過去からのノイズ
「この時間だと高速道路は渋滞しているんじゃない?」
「さっさと早めに家から出ましょうよ!」
「渋滞に巻き込まれるのは嫌よ!」

星からの言葉
じぶんが嫌だから、とか、じぶんが心地よいから、とか、そういうじぶんじぶんした判断ではなく、事実としてのデータを使って立ち回った結果、渋滞を免れられます。誰が何と言おうと、冷静に観察をしつづけることで、具体的にどう動いていけば正しいのか、確信を得られるのです。データと結果のすり合わせは、観察眼の能力をさらに飛躍させてくれます。

☆解決できないなんてイライラするたっぷりの不満!
結果のためなら、どんな我慢でもいたします、というのは気持ちが乾いてしまう。耐えられないときには、守りに徹すること。
 
 

天秤座

9月23日〜10月22日生まれ

過去からのノイズ
「わたしって、こういうことを考えているの」
「ねぇねぇ、わたしの話しを聞いてくれる?」
「あなたのことよりも、わたしの話をしましょうよ」

星からの言葉
いくらでも話がつきないお喋りさんを相手に、どこまでいっしょに付き合ってあげればいいのか、気持ち的にキツくなる時は、逃げるのではなくとことんじっくりと聞いてあげるといいです。いっしょに相手の世界に入り込んでほしいんです。その世界には、共有できる悩みの種が落ちています。じぶんも相手もほっと救われる瞬間がやってくるはずです。

☆感情に対して気になる極端に敏感!
相手の気持ちがわかってしまう、気づいてしまうのは、素晴らしい才能なんだ。人に愛を渡せる感覚だということを意識してみよう。
 
 

蠍座

10月23日〜11月21日生まれ

過去からのノイズ
「僕は君と何年もいっしょにいるクマの人形だよ」
「これからも、ずうっといっしょにいてくれるんだよね?」
「君は、僕のことを忘れられないはずなんだ」

星からの言葉
そのクマの人形を真っ直ぐに見て下さい。いつもいっしょだったその子も、そろそろお別れのときがきているのです。あなたは、それを認めるのが恐いんじゃないでしょうか? 愛情なのか、ただの情なのか、頭で考えてしまうと混乱してわからなくなります。想像してみてください。さよならしないと、どうなるのか、心のモヤモヤが答えてくれるはずですよ。

☆情にほだされての無気力感!
動けなくなっているので、試練という名の課題から遠ざかっているように見えるが、心地よいプレッシャーは感じているはず。小さな行動を試していこう。
 
 

射手座

11月22日〜12月21日生まれ

過去からのノイズ
「このフライパンが使いやすいから愛用しているんだ」
「料理のプロじゃないから、このフライパンで満足してる」
「中華鍋を見るたびに、このフライパンを投げ捨てたくなるよ」

星からの言葉
そのフライパンは、妥協しながら使い続けていますよね。じぶんの能力を甘くみていると考えられます。いつになったら、憧れの中華鍋を手に入れるんでしょうね。じぶんに相応しいと思えるのは、限界を超えて手に入れようと決意したときです。キツイキツイ!無理無理!と言い続けながらも、手を伸ばしてみると、未知の領域は、あなたのエリアとして、しっくり定着しますよ。

☆いつだって表面的!
深刻な問題を避けてばかりいると、上っ面だけのうすっぺらいじぶんが出来上がる。持ち味の社交性やユーモアを使って、問題に立ち向かっていこう。
 
 

山羊座

12月22日〜1月19日生まれ

過去からのノイズ
「きっちりとしたスーツの着こなしはかっこいい」
「大人の装いで上品かつエレガントに決める」
「ジェントルマンと呼ばれるために、大人らしさを学ぶ」

星からの言葉
ガッチガチに決めて、スーツが鎧のようにずっしりと身体に食い込んでいますよ。そのかっこよさは、何を、誰を、意識したものでしょうか? 一度決めたルールをビリビリに破り捨ててください。ピュアな、子ども心を取り戻すのです。恥ずかしさだって、コンプレックスだって、じぶんが自由に振る舞うためのスパイスなんです。密かに思っていることをあらわにしていけば、つるんとしたゆで卵のような、余計なものがないじぶんに出会えます。

☆スーパーマン並の完璧主義!
もっとやれる、と感じた時、自分への評価を見直してください。高いハードルを設定しすぎて、ぜぇぜぇ、息切れを起こしていますよ。まずは、たのしめるかどうか、確認をして。
 
 

水瓶座

1月20日〜2月18日生まれ

過去からのノイズ
「この工場の桃の缶詰はまだまだ売れ続けるだろう」
「宣伝も大体的にしているし、お金もかかっているからな」
「お金をかけているぶん、儲からなくちゃ困るんだ」

星からの言葉
なんの根拠もない予測はアテにならないというのを知っていますね。桃の缶詰を売るために「なんとなく」という感情を入れずに考えてみることができます。非常に機械的に冷たく感じるかもしれませんが、統計や計算をして出された結果が、あなたを行動へと進めてくれるのです。衝動ではなく、無機質にたんたんとプランを作っていくので、問題があっても、焦らずにお直しに対応していけるでしょう。

☆とげとげしくなると高圧的に!
自分が話す言葉や行動が、どんな影響を及ぼしているのか、理解をしてみよう。強引さと、大胆さのバランスがとれるようになると、多くの人の賛同を得られるはず。
 
 

魚座

2月19日〜3月20日生まれ

過去からのノイズ
「祭りで太鼓を叩くのは君だよ」
「太鼓を叩くに相応しい、それなりのリーダーシップを持っている」
「みんな君の活躍に期待しているから、お願いな」

星からの言葉
太鼓を叩くなんて、そんな重要なポジションを任されるなんて、おどおどしてしまうかもしれませんね。断ろうとしても、影に隠れようとしても、毎度のように引っ張り出されてしまうのは、大きな負荷がかかったときに、じぶんの最大の力が発揮されるからなのです。発揮したい!と内側からの思いが、勝手ににじみ出てきているのです。どうして、じぶんばかり、と内にこもらずに、プレッシャーを力に変えていきましょう。

☆どうしてもやりたくない意気地なし!
周りに同調しすぎると、自分がなくなっていく。存在感は薄くなる。自分の欲求と向き合おう。どうしたい?何がしたい? 1人で決める習慣を持とう。